生命地域妙高環境会議では、新潟県妙高市の自然保全、ふれあいを目的とし、グリーンツーリズム・エコツーリズム・ヘルスツーリズムの活動に取り組んでいます。

生命地域 妙高環境会議生命地域 妙高環境会議

妙高の自然環境を守る
  • HOME>
  • 妙高の自然環境を守る

ライチョウの保全

ライチョウの保全

日本最北・最小の個体群
火打山ライチョウ 火打山ライチョウ

line

日本の特別天然記念物であるライチョウは北限を取り巻く国に広く分布しているが、日本は世界最南限の生息地である。世界で最も寒さに適応した鳥なので足にまで羽毛が生えており、日本では高山帯でのみ繁殖する。
遺伝子レベルでは火打山・北アルプス・乗鞍岳・御嶽山・南アルプスの5つの集団に分かれていて、火打山は日本最北限・最小の集団なのである。
火打山でライチョウの繁殖が確認されたのが1957年。火打山にはおよそ20~30羽のライチョウが生息してきたが、それから60年近くこのわずかな数で絶滅せずに来たのは大きな謎である。

火打山のライチョウにはさらに謎が多く、火打山にしかない独特の遺伝子タイプが見つかっており、日本の中で最も祖先的な集団だと考えられている。オスよりメスの数が多く、一夫二妻と思われる観察例も多くある。
産卵数は日本で一番多い。
こんなユニークで謎だらけの火打山のライチョウもここ数年で数を減らしてきている。

原因ははっきりしていないが温暖化の影響やニホンジカの侵入などライチョウを取り巻く状況は厳しい。
火打山のライチョウを守ることは妙高エリアの自然を守ることにつながる。

ライチョウ1
ライチョウ2
DATA

ライチョウ

学名Lagopus muta japonica キジ目ライチョウ科 絶滅危惧ⅠB類

成熟個体で全長約37㎝。
年に3回換羽し、夏羽は白・黒・茶のまだら模様で、冬羽は全身白色となる。
メスは6月にハイマツなどの根本など地上に窪みを作り、巣とし、産卵する。
主な食物は高山植物(コケモモ、ガンコウラン等)の芽、種子など。

火打山で確認された個体数の推移

(5月末~6月上旬の調査結果)

2008年
(28羽)
2009年
(33羽)
2010年
(26羽)
2011年
(26羽)
2012年
(31羽)
2013年
(25羽)
2014年
(17羽)
2015年
(13羽)
2016年
(24羽)
2008年
(28羽)
2009年
(33羽)
2010年
(26羽)
2011年
(26羽)
2012年
(31羽)
2013年
(25羽)
2014年
(17羽)
2015年
(13羽)
2016年
(24羽)
- - -
ライチョウ2 DATA

ライチョウ

学名Lagopus muta japonica キジ目ライチョウ科 絶滅危惧ⅠB類

成熟個体で全長約37㎝。
年に3回換羽し、夏羽は白・黒・茶のまだら模様で、冬羽は全身白色となる。
メスは6月にハイマツなどの根本など地上に窪みを作り、巣とし、産卵する。
主な食物は高山植物(コケモモ、ガンコウラン等)の芽、種子など。

火打山で確認された個体数の推移

(5月末~6月上旬の調査結果)

2008年
(28羽)
2009年
(33羽)
2010年
(26羽)
2011年
(26羽)
2012年
(31羽)
2013年
(25羽)
2014年
(17羽)
2015年
(13羽)
2016年
(24羽)
- - -

保全に向けた取り組み

対策推進に向け、不明な点が多いライチョウの生態等についての知見の集積を進めるため、ライチョウやその生息環境等の現状把握の調査に取り組んでいます。
また、火打山ライチョウの生態やその生息環境等について、市民への基礎的な知識の普及を図るため、シンポジウムの開催や広報誌での周知活動を行っています。

火打山ライチョウ個体群生態調査

【火打山ライチョウ個体群生態調査】

国際自然環境アウトドア専門学校の協力を得る中で、経年的なライチョウの個体数の確認、また個体数への直接的な影響の大きさが懸念される捕食動物の影響把握。
さらには生息域を脅かしている可能性のある捕食動物以外の減少要因の把握調査を実施しています。

環境省と妙高市の共同による火打山山頂周辺の植生調査

【環境省と妙高市の共同による火打山山頂周辺の植生調査】

火打山山頂付近の植生が変化し、ライチョウの餌となるコケモモやガンコウランなどの生育に支障がでており、影響を及ぼしているイネ科植物の試験除去し、除去により、ライチョウの餌となる植物の再生が促されたかなどを確認するものです。支障植物の除去は、ボランティアのご協力をいただく中で、植生等の有識者の意見をお聞きし、慎重に取り組んでいます。

ご協力のお願い

*ライチョウを見かけても、近づかず、刺激せず、そっと遠くから見守るようにしましょう
*隠れ場や餌となる高山植物を踏み荒らさないために、登山道を外れないようにしましょう。
*ライチョウの保護に向けては生息数や生息域を把握することが重要ですが、火打山のライチョウについてはどこで越冬しているかなど、未だにわかっていないことが少なくありません。生息域の把握等のため、登山時等の際にライチョウを見かけた時は
①日時 ②目撃場所 ③天気 ④目撃数 ⑤お気づきの点等について記録し、ファックスまたはメールで、環境会議事務局(妙高市役所環境生活課)までお知らせください。

「

生物多様性の保全

」

生物多様性の保全

国立公園の自然環境・
景観を守るために

line

国立公園の自然環境・景観を守るために
カエルの産卵

日本の森には約9万種以上の生物が生息していると言われています。中には世界中で妙高だけにしかいない生物も存在します。
日本最小、最北の個体群である火打山のライチョウ、市の天然記念物のギフチョウ、“妙高”の名を冠し、紫色の花を咲かせるミョウコウトリカブトなどは妙高におけるユニークな存在です。一方で、国立公園内外においてオオハンゴンソウやアレチウリ、またオオクチバスなどの侵入や繁殖が見られ、在来の生態系や景観への影響が出ています。
全国有数の豪雪地でもある妙高は、厳しくもすばらしい自然の営みと、そこから恵みを受けた独特の文化や山岳信仰等が相まって独特の風景が作られてきました。環境会議では、妙高山麓の豊かで美しい生物多様性のほか、人々が長らく暮らしの場としてきた奥山、里地の保全活動に取り組んでいます。

いもり池のスイレン駆除

いもり池のスイレン駆除

夏から秋にかけて白い可憐な花を咲かせる、いもり池の園芸スイレンは外来種です。
この“園芸スイレン”は旺盛な繁殖力たあり、在来の生態系等へ甚大な被害を及ぼすことが予想されるため、環境省は「重点対策外来種」に指定しています。
いもり池では、昭和50年頃に移植されたと言われ、現在では水面全域を覆うほどに繁殖し、ヒツジグサやヒルムシロなどの在来種が駆逐されてしまいました。
また、いもり池の見どころの一つであった水面に映る「逆さ妙高」も見ることができなくなっています。
以前のいもり池の生態系や、眺望を取り戻すため、地域の皆さんと協力しながら、ボートに乗っての引き抜きなどの駆除を毎年行うなどの、継続的な駆除が必要となっています。 

いもり池周辺・笹ヶ峰高原での
オオハンゴンソウ駆除

いもり池周辺・笹ヶ峰高原でのオオハンゴンソウ駆除

オオハンゴンソウは黄色い花を咲かせる北米産の多年草。
繁殖力が強く、他の在来種の生育に影響を及ぼすため、対策の緊急性が高く、積極的な防除が求められる環境省指定「緊急対策外来種」に挙げられています。
国立公園妙高の象徴的地域である笹ヶ峰高原でも生息が確認されるようになり、平成22年から毎年、市内外からのボランティアの協力をいただく中で、駆除を実施しています。
オオハンゴンソウは種子のほかに根でも増えるため、駆除は根こそぎ行い、抜き取ったオオハンゴンソウは袋につめ、市の施設で焼却処分にします。

ご協力のお願い

自然保護に携わる団体、ボランティアの方のご協力をいただく中で、集中的に笹ヶ峰高原を中心にオオハンゴンソウの駆除を進めていますが、新たな繁殖地が毎年確認されています。また、いもり池のスイレンについても抜根駆除を進めていますが、繁殖力が強いため、駆除作業が追い付かないのが現状です。
駆除は重労働の上、今のところ人力に頼らざるを得ないのが現状です。
駆除作業を実施する際は、適宜ボランティアの募集をしますので、美しく多様性に富む妙高の自然環境の保全活動にぜひご協力をお願いします。

【ご家庭の周りでオオハンゴンソウ(特定外来生物)を見かけたら】 オオハンゴンソウが庭先や所有している土地で見かけたら放っておかずに駆除しましょう。
しかし、特定外来植物を生きたまま移動や保管する等の行為は禁止されています。処分する際は、根から引き抜いたものを2~3日間天日にさらして枯死させたうえで、燃えるごみとして処分してください。場所によっては除草剤による駆除も効果的です。

「

里地・里山の保全

」

里地・里山の保全

里山・里地保全の必要性

line

里山・里地保全の必要性

人が暮らしに必要な燃料や食料、資材などを自然の中から得るため、手を加えることで維持してきたのが田や畑、薪炭林などを含む里地・里山です。
しかし、物質的な豊かさの追求、生活様式の変化とともに、化石燃料や輸入農産物等に依存した社会へ急速に変質が進み、農林業の担い手の減少、利用価値が低いと見なされたことなどにより、棚田や雑木林の放置が進みました。妙高の自然の恵みは利用されることが少なくなり、里地・里山の生態系の荒廃も進んでいます。
その結果、以前は身近な存在であったメダカやホタルなどの身近な存在であった生物が減少し、また所有者が不在・不明の里山も多く、イノシシ、ニホンジカといった野生鳥獣による被害も広がっています。

森林資源の保護

【森林保全の必要性】
妙高市の森林面積は34,623haで市域の78%は森林が占めています。
そのうち53%は民有林で、うち20.8%は人工林となっています。人工林をはじめとする森林の多くは林業など人の手により守り育てられてきました。しかし、豪雪地の木材品質の維持の難しさや経営コスト高など収益性の低さから、森林資源は量的には充実していますが、伐採が進まない状況です。 森林管理が十分行われない森林では貯水機能の低下により、土砂崩壊が起こりやすく、生物多様性が低下し、さらには二酸化炭素吸収機能が弱くなります。
森林が市域の面積の多くを占める当地域では、森林機能を発揮する上での、上流部にあたる里地・里山の重要性を理解し、森の手入れを進めていくことが不可欠です。

森林資源の保護

みどりの学習の推進

かつて、子どもたちは家の周りでの野遊び・川遊び、地域の祭事への参加等の体験を通して、自然の巧みさや楽しさ、怖さを感じ、自然の恵みの豊かさを理解してきました。
自然との関わりの中で、自然への感受性が養われてきましたが、今では自然の中で遊ぶ子どもを目にすることが少なくなっています。今、多くの人々は“町場”に住み、自然と直接的には関わらない生活を送っています。
暮らしに必要な食料、衣類等はスーパーマーケットに陳列された商品として存在しています。自然の恵みは目に見えにくくなっており、自然を意識する機会は少なくなっています。
人と自然とのつながりの希薄化は、自然への関わりを通じて維持してきた人と人とのつながりも希薄化させ、地域のコミュニティや活力を低下させることにつながります。まずは子どもたちと自然との接点を回復することが、地域の文化やコミュニティを見直すことにもつながり、失われつつある地域の自然観の育みや、郷土愛を次代につないで行く上で重要と考えます。
このため市内小学生を対象に地域理解を深め、郷土愛を育むこと、また地域の将来を担う人材育成を目的として、植林や間伐等の森林施業の体験講座を開設しています。

みどりの学習の推進

野生動植物との共生

妙高の森や里では、様々な要因により近年増加しているイノシシやクマ、サルといった野生鳥獣の被害が深刻です。
特に森と里との境界線付近では、被害が多発し、周辺に住んでいる人の生活環境が脅かされ、農作物に被害が出ています。また、最近では火打山山頂付近に設置したセンサーカメラに、2,000mを超える高山帯ではこれまで見ることのできなかったイノシシやニホンジカの姿が捉えられ、貴重な高山植物の減少やそれによる表土の流出など、国内由来の外来生物として、在来の生態系への影響が懸念されます。
イノシシやクマなど人的被害が懸念される大型鳥獣は必要な捕獲対策を実施していますが、サルについては餌付け防止の啓発活動、また群れへ発信機を付け、その動向を把握する中で、地域が事前に防御態勢を整えるなど、人が被害を避ける努力をしています。

野生動植物との共生

「

守る人々によって支えられる、妙高の自然環境

」

守る人々によって
支えられる、
妙高の自然環境

自然の恵みは食料や資材等のすぐにお金に換算できるもの、また清浄な水や空気、防災機能等の直ちにお金に換算できないもの等の様々な価値がありますが、
これらの恵みは森や里地里山が存在する地域限定されるものでなく、流域などの自然のつながりの中において公共財的な側面ももっています。
妙高では多様な団体などが妙高の自然の恵みを将来世代へ引き継ぐため、保全や適切な利用をすすることによる地域振興に取り組んでいます。

自然保護団体等

夢見平遊歩道を守る会
【夢見平遊歩道を守る会】

笹ヶ峰高原にある2つの森林セラピーロードのうちの1つが夢見平遊歩道です。夢見平遊歩道は、昭和初期に木材運搬用としてあった森林軌道跡を利用し、夢見平遊歩道を守る会が平成4年からボランティアで整備してきたものです。ミズバショウの大群落等を楽しみに年間1万人以上が利用し、毎年訪れる人が増加している中、「守る会」ではボランティアでコースガイドを行い、笹ヶ峰高原の自然の恵みの豊かさや、自然環境保全の大切さ等の啓発普及に取り組んでいます。

問い合せ先 築田会長
TEL 090-2443-8439090-2443-8439

国際自然環境アウトドア専門学校
【国際自然環境アウトドア専門学校】

温暖化等により社会の持続性が危ぶまれ、循環型で持続可能な社会づくりの重要性が広く認識される中、大きな役割を期待されているのが、「自然資源の持続的な利用」に基づく産業の創出や地域づくりです。国際自然環境アウトドア専門学校(i-nac)ではこれらの分野で活躍し、持続的な社会づくりに貢献する人材の育成を目指し、自然環境の保護と利用に関する領域で確かな職能を身に着けるための個性的な5つの学科の設置により、専門性と豊かな人間性を持った人材を輩出し続けています。
 教育においては社会参画する機会を豊富に設け、学生による火打山ライチョウ保護に向けた生態調査への継続的な取り組みや外来生物駆除の取り組み、また小学生等を対象とした自然体験教室の開催やトレイルランニング大会の運営等、地域の自然環境保全とその賢い活用をテーマに地域密着型の教育活動、学校運営を進めています。

問い合せ先 新潟県妙高市原通70
国際自然環境
アウトドア専門学校

TEL 0120-537-1200120-537-120

妙高里山保全クラブ
【妙高里山保全クラブ】

平成16年に設立されて以降、高床山森林公園や小丸山雑木林の整備として草刈り、枯れ木処理、遊具の補修などを中心に、毎月1~2回の活動を続けています。また、市民や親子などを対象とした「里山保全活動体験教室」や「樹木博士検定と工作教室」などを開催し、地域の身近な里山での自然体験や自然環境を守る大切さなどを学ぶ機会を提供しています。
 最近では、保育園児でも安心して自然に触れることができる「なかよし ひみつの森」を整備するなど、地域の自然環境を活かしたさまざまな活動に精力的に取り組んでいます。

問い合せ先 新潟県妙高市東志76番地
岡田一昭(おかだかずあき)
 ※事務局長宅

TEL 0255(72)68820255(72)6882

里山エコスクール
【里山エコスクール】

森林と農業体験を通して地球温暖化防止を考えるテーマに活動を行っています。
妙高山麓の森や里山を活動フィールドに小学生等を対象とした源流体験や炭焼き体験、雪上でのアニマルトラッキングやスノーシュー体験等の様々体験機会の提供を通した自然環境保全意識の啓発や普及に取り組んでいます。

問い合せ先 新潟県妙高市大字
関山1252‐12

TEL 070-2819-4440070-2819-4440

NPO法人妙高自然アカデミー
【NPO法人妙高自然アカデミー】

妙高高原地域を訪れる人々に対する四季を通したエコツアーの提供、また登山教室等の開催を通して、自然・山岳スポーツ等の促進と自然環境保全に関する啓発に取り組んでいます。また、妙高の自然を守る、利用していくための仕事の創出のための活動など、守り利用していくための人材育成にも取り組んでいます。

問い合せ先 新潟県妙高市大字二俣
1526‐334
自然旅人の宿 
モン・セルヴァン内

TEL 0255-87-31340255-87-3134

NPO法人e-myoko
【NPO法人e-myoko】

妙高市の比類ない自然に強く魅せられた有志が集まり、妙高の自然保護のために活動に取り組んでいます。
池の平地区のホタル再生に向けた取り組みのほか、いもり池や笹ヶ峰高原での特定外来生物「オオハンゴンソウ」駆除活動、また首都圏の住民を対象とした環境トレッキングに開催等の自然環境保全活動による地域興しに取り組んでいます。

問い合せ先 東京都渋谷区渋谷2-12-19
新東産業㈱内

TEL 03-5778-424103-5778-4241

関係行政機関

【環境省妙高高原自然保護官事務所】
【環境省妙高高原パークボランティア】

問い合せ先 新潟県妙高市大字関川
2279番地2

TEL 0255(86)24410255(86)2441
HP http://chubu.env.go.jp/
nagano/

【林野庁上越森林管理署】

問い合せ先 新潟県上越市大道福田
555番地

TEL 025-524-2180025-524-2180
URL http://www.rinya.maff.
go.jp/kanto/

PAGETOPPAGETOP
PAGETOPPAGETOP